半沢直樹並みにスピーディでアツいドラマ「補佐官」

韓国☆エンタメ

2020年に見た韓国ドラマで私なりにナンバーワンヒットだったのは「梨泰院クラス」でしたが、多分今年のナンバーワンヒットになりそうなドラマを見つけちゃいました✨ それも、ひょうたんから駒?、いや、万馬券?ぐらい、誰も注目していない、地味~なタイトルのドラマです。それがこちら。

ドラマ「補佐官」ポスター

2019年にJTBCで放送されたドラマ「補佐官」。日本ではNetflixオリジナルシリーズとなっています。制作の都合上シーズン1が10話、シーズン2が10話と分かれていますが、内容的には20話で1つのドラマです。

「補佐官」というタイトルからなんとなく想像できるように、国会議員と、議員の下で働く補佐官や秘書官がメインのキャラクター達で堅い話であるのは間違いないし、派閥争いだの法案がどうのだのと理解しにくい部分があるのも確かなのですが、お堅い=面白くないってわけではないですよね? 

あの「半沢直樹」だって引当金だの債権放棄だのホワイトナイトだのとイマイチピンとこない言葉がドラマの中でたくさん飛び交って内容は全部理解できていたわけではなかったけれど、役者さん達のアツい演技と善悪がはっきりしたスピーディな展開にみんな熱狂して見たでしょう?

あのエッセンスが「補佐官」にもあるんです💗 特にシーズン1の途中までは、党の重要ポジションを手に入れるため、あるいはライバルを蹴落とすため、あるいは力のある派閥側につくため、議員が補佐官や秘書官を動員して相手の不正やスキャンダルを執念深く暴き出す様子が描かれていたり、昨日まで敵だった相手と今日は手を組んで共通の敵を倒そうとしたりと、攻守が何度も入れ替わる目まぐるしい展開。

政治のニュースに慣れていない私には複雑でわかりにくかったけれど、そんな部分はバッサリ切り捨てて、ひたすら主役の補佐官チャン・テジュン目線で見ていくと、次は何が起こるのか気になって仕方なくなります✨

また、私達が知らない政治の裏の世界を暴露?してくれていて、とても興味深いです。例えば、不祥事とか汚職疑惑とかで政治家がマスコミを前に謝罪や弁明をしている映像を時々TVで見るでしょ。で、「どうせ頭は下げてるけど、心では舌をペロッとだしてるんでしょ」と嘘っぽいと思いつつもそれを確かめる方法は庶民の私達にはないじゃないですか。

このドラマでもそういった記者会見のシーンが何度も出てくるのですが、国会議員や補佐官たちが謝罪しつつも同情を集めようとするお涙ちょうだいパターンとか、イメージアップを図ろうとする一発逆転パターンとか、別人の名前を挙げて他人を貶めようとする謀略パターンとか、入念に作戦を練って記者会見を自分達の都合のいいように利用しようとする姿が描かれています。

これはもちろんお隣の国の話だしフィクションなんだけれど、今までなんとなく怪しいと思って見ていた政治家の記者会見の真相がわかったような気がして🤫今後記者会見を見る目が変わりそう・・・🤭

そして、シーズン1のラスト数回で衝撃の出来事が次々と起こり、敵がはっきりしたシーズン2では、倍返しどころか、やられても💥やられても💥やり返す💥💥、それも拳ではなく頭を使った壮絶バトルが展開されるんです。

それに、なんといってもドラマの締めくくり方が絶品❣️ 韓国ドラマでは主人公の結末はうまくつけていても、周りの登場人物はほったらかしのままっていうことがよくありますよね? それよりひどいのは、周りの人達全員を無理やりハッピーエンドに持って行くパターン。

中途半端だったり不自然な終わり方をするドラマが結構多いのですが、このドラマでは主人公のチャン・テジュンを取り巻く人達1人1人がそのキャラクターに合う、説得力のある形でのエンディングとなっているんです🙂 しかも、いざとなればシーズン3を作れる可能性を残して。ここまできめ細やかなエンディングを見たのは初めて💖 それだけに視聴後の爽快感は格別でした💕💕

脚本家はイ・デイルさんという方で、オリジナル脚本のドラマはこれが初めてだったそう。この脚本家さんのドラマは今後追っていきたくなるぐらい、「補佐官」の脚本にドハマりしました。ということで、わがまま採点は満点間近の4.8点🎉

地味な作品ではありますが、Netflix会員の方にはぜひ見ていただきたいです🤗 ただ、私みたいに政治ネタに強くない人にはとっつきにくい面があると思うので、下記にお粗末ながらお手製の人物関係図を載せておきます。ドラマを見る際に参考にしてもらえると嬉しいです。

ドラマ「補佐官」人物関係図
写真は公式HPからお借りしました

上の人物関係図に載っているのはシーズン1のストーリーを理解するのに絶対はずせない人達です。本当はもっとたくさんの議員が出てくるし、議員1人あたり補佐官や秘書官2-3人はついているので、画面には常に地味な色のスーツを着たさえないおじさんばかり (女性議員が少ないのはお隣の国も同じよう🤔)が映っています。そんな見分けのつきにくいおじさん達はドラマを盛る材料にすぎないので無視しちゃってOK🙃

ドラマの公式HPにはもっとたくさん人を入れた人物関係図が載っていますが、私はそれでも複雑だと思ったので、思いきって必要最低限だけの人物関係図を作ってみました。シーズン1の10話を理解するにはこれで十分だと思います。

シーズン2では新たに数人重要人物が出てくるのですが、その人物関係を書いちゃうとネタバレになってしまうし、シーズン1を見れば自然にわかるようになっているので、あえて入れていません。

次回、軽くストーリーに触れながら各登場人物を紹介していきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました