聖水でランチ「ソムンナン聖水カムジャタン」

ソウルその他

ゴキゲンにパンプスを買った後、お昼ごはんを食べに3番目の目的地「ソムンナン聖水カムジャタン」へ。

ソムンナン聖水カムジャタンの外観

ハレクラニさんのブログで紹介されていたのを見てから、一度行ってみたいと思っていたんです🤩

混んでいる時間帯を避けて13時15分頃に行ったのですが、ランチのラッシュアワーはもう終わっていたようでした。このお店、ありがたいことにおひとり様用カウンターがあるので、そちらへ通されました。

おひとり様カウンターは1席ずつ空けて数人座っていましたが、食べていたのはみんなカムジャタン定食 (正式メニュー名はカムジャグッシサ)。一応私も「カムジャタン定食をください」とお願いしましたが、言う必要はなかったような。。。

パンチャンやカムジャタンの取り分け用のお皿などはあっという間に運ばれてきて、

ソムンナン聖水カムジャタンの料理

カムジャタンも5分も待たずに湯気が思いっきり立っている状態で運ばれてきました。

ソムンナン聖水カムジャタンのカムジャタン

見てください、このカムジャタンのボリューム❣️ 骨付きのお肉が積み上がっています💕 あまりの迫力にどうやって食べようか躊躇して隣のおじさんを見てみると、取り皿にお肉の塊を1つ置いて、そこでお肉をホジホジしていました。なるほど、そうするものなのかと私も同じようにしてみました。

最初はお箸でお肉をはずしていたのですが、お箸でも簡単にお肉がはずせてビックリ。前に他のお店で食べた時はお肉がはずしにくくて悪戦苦闘したのに。そのうちにスプーンでガッとお肉をはずした方がもっと早いことがわかり、スプーンに持ち替えて再格闘。

お肉はそのまま口に放り込んでも十分美味しかったのですが、タレのお皿があることに気付き、つけてみたらからし酢醤油?みたいな感じでお酢とからしが効いていてさっぱりして、もっと美味しくなりました😙

ソムンナン聖水カムジャタンの料理

やっぱりついてくるものは何でも使わなきゃね。ということで、それ以降お肉は全てこのタレにつけて食べました。骨付きの肉の塊は3つも入っていてとても食べごたえがありました。

ソムンナン聖水カムジャタンの料理

あまりお見せするような写真ではありませんが、この骨の量と大きさを見ればお肉がどれだけ大きかったか、そしてお肉が骨からきれいにはずれているのがわかっていただけますよね。じゃがいもは少なめでしたが、お腹がふくれるので少なくてかえってありがたかったです。

お肉とじゃがいもを全部食べきった後は残ったスープの中にご飯をドバっと投入。ここでもおじや状態にしたのですが、これがまたスプーンが止まらなくって💕💕  途中でご飯を再投入し、カムジャタン完食。超満足のお昼ごはんでした😇

聖水はこれからもちょくちょく行くだろうし、その時はこのカムジャタン屋さんに寄るのがルーティーンになりそう。値段も知らずにお店に入ったのですが、10,000ウォン札を出したら2,500ウォンもお釣りがきました (2019年秋時点)。つまりカムジャタン定食は7,500ウォンだったってこと。安い!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました