光化門 平壌料理のお店「平家屋」

光化門・鐘閣・鍾路

今日は先週ご紹介した光化門の「モリョ」の近くにある平壌料理のお店「平家屋 (ピョンガオ)」をご紹介します。北朝鮮のお料理ってどんなものなのか興味があって行ってみました。

「平家屋」光化門店の外観
(2017年訪問当時の外観です)

注文したのは牛肉入りの温飯 (オンバン) 온반 쇠고기。まずパンチャンが運ばれてきました。白菜キムチ、カクテキはよくあるパターン。

「平家屋」光化門店の料理

驚いたのはキュウリの水キムチ。といってもキムチ感はほとんどなく、お酢が薄めの酢の物って感じ。

「平家屋」光化門店の料理

ほどなく主役の温飯がぐつぐつ煮えながら運ばれてきました。

「平家屋」光化門店の温飯

ぐつぐつが落ち着くと中に何か白いものが。牛肉の温飯を頼んだのに白?と不思議に思いかき分けてみたら、出てきたのは大きなマンドゥ。それも餃子型です。小皿に取り分けてみました。

「平家屋」光化門店のマンドゥ

温飯のスープはかなりピリ辛。北朝鮮はきっとソウルよりもずっと寒いだろうから、こういうピリ辛もので体を温めるのかなと思いました。

マンドゥ以外の具は玉ねぎ、ネギ、大量のエノキタケ、しめじ、春雨、そして薄焼き卵を小さく切ったものが入っていました。それともちろん牛肉の薄切りもたっぷり。

美味しいんだけどとにかく辛い! 辛いのが苦手な人は無理かも。キュウリが普通のキムチじゃなくて水キムチのわけがよくわかりました。これでお口のヒリヒリ感を抑えるんです。だからスープと共にキュウリも完食。

それとマンドゥ。マンドゥ自体には味がほとんどついていなくてスープと一緒に食べるものだと思いました。だから小皿に取り分けたものの、結局は一口サイズに切った後スープと共にいただきました。皮はマンドゥにしては薄めかな。でも日本の餃子よりは厚みがありました。

私は牛肉温飯にしましたが鶏肉温飯もあるみたい。スープは違うのかな? また機会があれば鶏肉の方も試してみたいです。

平家屋 光化門店|평가옥 광화문점
ソウル特別市鍾路区セムナン路5キル19 ロイヤルビルB1F (旧道路表記:鍾路区唐珠洞5)
★2019年の終わり頃にお店が路面店からビル内に移転したようです。ここに載せた写真は2017年訪問時のものですが、住所や地図は現在のものにアップデートしてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました