サンシャインスタジオ訪問記8 グランドオープニングセレモニーに出席

論山

大安門前に並んだ100脚以上のプラスチック椅子や仰々しい撮影&音響機材を見て何かありそうだと思った私は、近くにいた関係者とおぼしき人に思いきって声をかけました。

HARE
HARE

あのー、日本から来たんですけど(と、遠くから来ていることをわざと強調) 何か始まるんですか?

スタッフ
スタッフ

オープニングセレモニーがあるんだよ。

HARE
HARE

オープニングセレモニー? ん? ん? でも (11月) 1日に・・・

スタッフ
スタッフ

あー、1日にオープンしたけど、今日はグランドオープンの日、正式に。グランドオープニングセレモニーだよ。

おじさん、私がつたないハングルで言いたいことを途中までしか言えなかったのにちゃんと理解してくれて、わかるように説明してくれました。そしてセレモニーは15時30分に始まることも。

お礼を言って努めて平然を装ってその場を離れたものの、たった今自分が聞いたことが信じられなくて、それに自分のあまりの幸運&強運にしばらく「ありえない」「ありえない」と小声で何度もつぶやきながら歩き回っていました。

とにかく雨の日だけは避けたいと、日本出発の数日前から毎日天気予報とにらめっこして、この日と翌日とでスケジュールを二転三転させていました。それも最初は人の少ない朝一に行って午後はサンシャインランドを軽く見て暗くなる前にソウルに帰って来るつもりだったんです。で、結局ソウルに着いてから再度天気予報を確認し、翌日は午前中は雨だけど午後はやむってなっていたのと、翌々日は終日雨になっていたので、翌日の朝一に行くのは断念し、雨がやむ午後一に着くスケジュールに賭けることにしたんです。もしこの日の朝に着いていたら、セレモニーがあることに気付かずお昼過ぎにはサンシャインスタジオを出ていたでしょう。

そんなわけで、あまりに神がかりな偶然が本当に信じられなかったんです。だってグランドオープニングセレモニーなんて、この先このスタジオが何年続こうと、1回しか行われないイベントなんですよ。宝くじに当たるよりもすごい確率でしょう?(ちょっと大げさすぎ?)

ということで、セレモニーを遠くからでもいいから見てから帰ることに決めました。時計を見ると14時過ぎ。セレモニーの開始時間まで1時間あったので、グローリーホテルにランチを食べに向かいました。

グローリーホテルの紹介の時に書きましたが、ホテルの2階はdal.komm coffeeのお店になっています。

dal.komm coffeeサンシャインスタジオ店

これがお店の入口。ランチ時を過ぎていたからか食事メニューは2種類しか残っていなくて、チキンチャバタとカプチーノで軽めのランチに。

dal.komm coffeeサンシャインスタジオ店

グローリーの2階は誰でも入れる展示スペースの部分とdal.komm coffeeのお店がこの棚で仕切られていて、

dal.komm coffeeサンシャインスタジオ店

実はdal.komm coffeeの店内にもこんな展示物がありました。

dal.komm coffeeサンシャインスタジオ店

これってエシンやユージンが使っていた銃なのかな? 説明文がなかったのでわかりませんでしたが、これはdal.komm coffeeの店内に入らないと見られません。また、店内からユージンやヒソンの部屋のバルコニーとは別のバルコニーもあって、外が見られるようになっています。

dal.komm coffeeサンシャインスタジオ店

私はたまたまお店を利用したので店内を好き勝手に動き回って写真を撮りましたが、利用せずに中に入っていいのかどうかは??? まあ、スタジオ内で他に飲食できるところは漢城電気会社の中のカフェぐらいしかないので、せっかくならグローリーホテルでお茶してみるのも悪くないと思います。

セレモニーの30分前ぐらいになったのでそろそろ会場近くに戻ってみようと1階に下りてみたら、なんと7-8名の撮影隊がドラマの映像を流していた広間に入って行くところに遭遇。もちろん好奇心満々でついていきました。そしたらヒナとチャン砲手に扮した俳優さんを撮影していました。

サンシャインスタジオ

それに通りに出てみると、ドラマで見た衣装を着た人達がいつの間にか歩いていました。周りにいた一般客はもちろん記念撮影をおねだり。みなさん、快く応じてくれていました。

サンシャインスタジオ

衣装を着た人達は俳優さんだったのかな? 自分達だけでも記念撮影をしたりして楽しんでいました。

サンシャインスタジオ

製パン所の前にも衣装を着た人がいて、例の飴が並べられていました。

サンシャインスタジオ

後から知ったのですが、どうやら写真を撮ってSNSにアップしたら飴をプレゼント、みたいなキャンペーンをしていたよう。とにかくイベントの会場に向かって歩いて行くと1時間半前と人の数が全然違っていて、地元の人らしき人達が近くの建物で雨宿りをしながらイベントが始まるのを待っていました。

しばらくすると、近隣の村の人達がスタジオの成功を願って会場の横にテントを出して、手作りのお菓子とお茶をふるまい出したので、私もちゃっかりいただいちゃいました!

サンシャインスタジオオープニングセレモニー
韓国の餅菓子と生姜茶

緑のは草餅っぽくて中にあんこが入っていて、大きい方は小豆をまぶしたお餅。結構な大きさだったので、私はその場では草餅と生姜茶だけいただいて、小豆餅は持って帰ることにしました。

結局グランドオープニングセレモニーが始まったのは16時。会場近くでまた1時間近く待たされたのですが、まあこのユルさは韓国あるあるですよね。招待客はどうやら一般の論山 (ノンサン) 市民だったようで、しかも平日ということで来ていたのはおじちゃんおばちゃんにおじいちゃんおばあちゃんがほとんど。テレビカメラが何台もあるようなイベントなんて初めてというのがありありとわかるような人達ばかりで、ステージ前には100脚以上椅子が並べられているにもかかわらず、みんな遠慮して全然座ろうとしないの。スタッフさん達は空席だらけのイベントの映像を撮るわけにはいかないと、会場を取り囲んで立っている人達の間を「どうぞ座ってください!」と何回も声をかけて走り回ってやっと座ってもらっていました。そんなわけで私も部外者だからと遠慮して突っ立っているわけにはいかず、会場の隅っこの椅子に座らせてもらってセレモニーに参加することに。

セレモニーの司会は韓国3大テレビ局の1つSBS放送の女性アナウンサー。と聞いて「ん? なんでSBS? ドラマはtvNだったはず・・・」と一瞬不思議に思ったのですが、それよりも司会を撮っている固定のカメラ以外にハンディカメラを持ったカメラマンに上空ではドローン撮影と、この撮影規模の方が気になってテレビ局のことなんてすぐに忘れてしまいました。国歌斉唱から始まったし、このイベントの大きさと正式感を実感していました。

まず最初にサンシャインスタジオのご近所にある論山陸軍訓練所の隊員が2-3曲歌を披露。

サンシャインスタジオオープニングセレモニー

この人達、芸能人だったのかな? そういえば、会場にこの人達が入って行く時に数名が取り囲んでいたのを見たのですが、私はK-pop等音楽関係は疎いものでよくわかりません。ただ、歌はとてもお上手でした。

続いて登場したのはこのイベントのメインゲスト、イ・ジョンムン大臣役の俳優カン・シニルさん。あちこちのドラマに出ている名脇役の方ですよね。スクリーンにはドラマの時の映像も合わせて紹介されました。

サンシャインスタジオオープニングセレモニー

そして、この方も義兵にちなんだ歌を2曲切々と歌い上げました。

サンシャインスタジオオープニングセレモニー

これがまた、この方、俳優なのにビックリするぐらい歌がお上手で。ホント、プロの歌手みたいでした。

続いて本物の歌手の男性が登場。ですが、私には誰だか全くわかりませんでした。この方がいちばんたくさん歌っていたかな。ロック調の「蛍の光」を歌った時は会場を盛り上げようと会場内を走り回り、あげく会場の外で見物していた衣装を着た俳優さん達のところまで行って一緒に歌ったりと、予定にない行動を連発。ハンディを持ったカメラマンさんが後を必死になって追いかけるのを見ているのがとても楽しかったです。

ひととおり会場を盛り上げたところでイベントは終了し、セレモニーに入りました。そこでサンシャインスタジオがオープンするまでの経緯が説明されたのですが、なんとここは忠清南道、論山市、韓国観光公社、SBS AT&T、そして「ミスター・サンシャイン」の制作会社であるファエンダム・ピクチャーズが共同出資?して造った施設なのだそうです。それで業務協約の調印式がこの日に行われるため、忠清南道知事、論山市長、韓国観光公社社長、SBS AT&Tの社長とそうそうたるお偉いさんが来ていたんです。特に論山市長の気合の入り方は相当なもので、スピーチでも「これからこの施設に観光客をどんどん誘致していきます!」と意気込みがすごかったですし、セレモニー出席者全員に論山市からこんな記念品まで配られました。

論山市のピン

そして、SBSの関連会社が出資していたことで、司会がSBSのアナウンサーだったことにも納得。もっとも「じゃあ、ドラマはなぜSBSでやらなかったんだろう?」という別の疑問が湧いたのですが。

セレモニーの最初の方では豪華ゲストに盛り上がっていた市民の人達もお偉いさん達の長々としたスピーチの連続に1人、また1人と会場を後にし始め、気がついた時には会場の後ろ半分はほとんど人がいない状態に。。。ということで、多分終了間際だったとは思うのですが、私もソウルまで帰らないといけないので、途中退席しました。

そしてサンシャインスタジオを出たところでようやく、サンシャインランドに行けなかったことに気付きました。降ってわいたようなグランドオープニングセレモニーのせいで舞い上がってしまって、サンシャインランドにも行く計画だったことをすっかり忘れていたんです。で、とりあえずサンシャインランドの入口まで行ってみたものの、時既に遅し。閉館時間の17時を過ぎていました。残念・・・。

サンシャインランドのミリタリー体験館入口

ということで、入口の写真だけ記念に撮っておきました。この建物の壁にはミスター・サンシャイン撮影場所の宣伝用の大きな垂れ幕がかかっていました。

サンシャインランドのバナー広告

よく見てみると、ここにも論山市のマークがついています。

そして、サンシャインランドの駐車場にこんなものが展示されているのを発見。

サンシャインランドの駐車場に展示された戦車

戦車に

サンシャインランドの駐車場に展示された軍用ヘリ

ヘリ。どちらも本物。かなりの大きさでした。


名残惜しかったけれど土地勘のないところを暗くなってから歩くのはイヤだったし、ソウル行きのバスが何時にあるかもわからなかったので、とっとと行きに歩いて来た道を引き返し、降りたバス停に向かいました。

バス停は時刻表どころかバス停のスタンドもなかったけれど、とにかく降りた場所で待っていたらやはり10分もしないうちに1台のバスがやってきました。そのバスには何番のバスかも行き先も書いていなかったので、乗る前に運転手さんに「錬武台 (ヨンムデ) 高速ターミナルに行きますか (ヨンムデ コソッ トミノル ガヨ)?」と確認してから乗りました。錬武台高速バスターミナルまで多分10分ちょっとで着いたと思います。

到着後すぐに窓口で「ソウル江南、次のバス、1枚 (ソウルカンナム タウポス ハンジャン)」。これで問題なく通じ、18時のバスのチケットをゲット。バスに乗る頃にはすっかり日が暮れていて窓の外はほとんど真っ暗。セレモニーの最後までいなくて正解でした。

帰りのバスではほぼ爆睡状態。途中で目が覚めたら高速道路上のはずなのにほとんどバスが停車してる。何で?と思ったら、前方で事故があったらしく1車線が閉鎖されていて大渋滞。結局セントラルシティターミナルまで3時間弱かかってしまいました。セントラルシティターミナルを出てから戻って来るまでほぼ12時間。長い1日が終わりました。でも今まで韓国で滞在した中で一番充実した一日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました